本体とSIMカードを別々に購入すれば、iPhoneでも格安スマホの値段で使えます!

本体とSIMカードを別々に購入すれば、iPhoneでも格安スマホの値段で使えます!

スマートフォン本体とSIMカードは別物

実はiPhoneでも格安スマホとして利用することができます。電話料金は月々のことですので、このことを知っているとかなり得できるかもしれません。まずは「スマホ本体」と「SIMカード」は別々だと認識することが大切です。SIMカードは電話番号が記録されていて、電話会社の契約とスマーとフォン本体を紐つけるカードのことで、携帯電話の中に入っています。切り離すことができ、スマホ本体とは別物になります。しかし日本ではスマートフォン本体とSIMカードが合わせて販売されている状況が長かったので、セットだと考えられてしまうことも少なくありません。
海外では本体とSIMカードを別店舗で購入することは、あたりまえのように行われています。確かに別々で手続きが必要になるので少し手間ですが、うまく利用すれば月々の電話代を5000円近く減らすこともできます。長期的に考えるとかなりの節約になるので、通信費が高いと感じている方はぜひ検討してみてください。

格安スマホでiPhoneを使うには

格安スマホは魅力的だけれども、iPhoneは使い続けたいと考えられている方も多いと思います。iPhoneを例に格安スマホを導入する手順を紹介します。まずiPhone本体が必要になります。iPhoneはApple storeなどで購入することもできますが、中古品で売られていることも多いです。あるいはdocomo、au、ソフトバンクのiPhoneをすでに使っているという場合は、そちらを格安スマホに移行することもできます。しかし会社やバージョンによってSIMがロックされていることもあるのでその点は要確認です。iPhoneを入手したら格安SIMを申し込みます。現在では格安SIMを提供している会社はとても多く迷いますが、価格面とサービスの特徴(楽天モバイルだと楽天ポイントがつくなど)の兼ね合いで選んでいくとよいと思います。電話番号の移行や初期設定などでいくつか作業が必要ですが、ショップなどで行ってもらわなくても自力で完了させることもでき、意外と簡単です。もちろんiPhone以外のアンドロイドでも同様に、本体とSIMカードの契約を別々にすることができます。ネット上に情報も多くあるので、コンピューターに弱いという方も安心して取り組んでみてください。