Apple Watch series3登場!iPhone使っているなら持つべきだ!

Apple Watch series3登場!iPhone使っているなら持つべきだ!

iPhoneに届くメールやメッセージ、着信や通話などあらゆることをサポートしてくれるのがApple Watchです。電話に出られなかったり、メールやメッセージ、LINEなどを見落として、返事ができなかったりといったことがなくなります。

そんな便利なApple Watchに最新版が登場しました。どんな機能を搭載してきたのか気になる点をお伝えしていこうと思います。

Apple Watch series3の特徴

9月22日に最新版のiPhone8/8 Plusと同時にリリースされたApple Watch series3は、驚くような進化を遂げて登場しました。

今までのApple Watchは、あくまでもiPhoneをサポートする役割だったため、メールやメッセージの着信もiPhoneと接続されていないとできませんでした。そのほかの通知機能も、iPhoneに通知されたものをApple Watchが教えてくれるといったものです。

言い方を変えるとApple WatchはiPhoneが近くにないと、その性能を発揮できないということになります。

しかし、今回発売されたApple Watch series3は、携帯電話機能を搭載することでiPhoneがなくても、通話やメール、メッセージを送信することや、SiriやApple Musicなど常に通信している必要があるアプリも、Apple Watchだけで利用することができるようになりました。

通話や音楽を楽しむ際は、Air PodsのようなBluetooth接続のイヤホンがあれば、まわりに迷惑をかけることはありません。

さらにすごいのは、通話や通信の処理に耐えられるCPUや、Wi-FiやBluetooth接続における電量効率の向上、さらにe-SIM機能の搭載など、多くの最新テクノロジーを追加したにも関わらず、大きさは前モデルと変わっていないことです。

腕に付けるだけあって少しでも重さや厚みが増えてしまうと、着けるのが嫌になってしまうかもしれませんが、それを感じさせない仕上がりになっています。

でも、料金とかどうなるの?

通信や通話ができるようになったとき、料金や契約などはいったいどうなるのか疑問が出てくると思います。普通に考えれば、通信や通話ができるようにするには、SIMカードを発行して利用する機器のSIMカードスロットに挿入、これで初めて通信や通話ができるようになります。

そうなると、新たな契約が必要になるでしょう。電話番号も発番されプランやオプションなど、1台のスマートフォンを契約して利用するのと変わらないわけです。

そんな金額を支払ってまで利用するのは、ちょっと無理ですよね。2台分のスマートフォン代を支払うのと同じことになるのですから。

でも、その心配はいりません。今回、Apple Watchに搭載されたe-SIMと呼ばれる機能は、現在利用しているiPhoneの電話番号を、そのままApple Watchでも使えるようにすることができるからです。簡単に言うと、iPhoneに挿入しているSIMカードの情報をコピーして、Apple Watchに記憶させる感じと思ってもらえば良いでしょう。

だから、新しいスマートフォンとして契約する必要がありません。e-SIMを利用して通信をするために携帯電話各社は、オプションを用意して対応しています。そしてiPhoneと同じ電話番号を記憶させて利用するので、データ通信はシェアした形になります。また、通話もiPhoneとの接続が切れている状態であれば、Apple Watchに着信するようになっているのでいちいち切り替えたりする必要はありません。

ただしe-SIMの制約上、別携帯電話会社の電話番号としてApple Watchに登録することができません。例えばiPhoneはソフトバンクだけど、Apple Watchはauやdocomoといったことや、格安SIMでの利用(ワイモバイルやUQモバイルも含む)は、利用できません。

この点も、気をつけなければいけないかもしれませんね。

通信設定については、iPhoneだけで完結するようになっているので、わざわざ携帯電話ショップへ行ったり電話で問い合わせたりする必要はありません。

Apple Watch series3はどこで手に入る?

そんな気になるApple Watch series3は、Apple StoreやApple Watchを取り扱っている家電量販店や携帯電話ショップで購入することできます。

ただ購入時、注意する必要があります。

それは、GPSのみを搭載した「GPSモデル」と、通信機能を持った「cellular+GPSモデル」の2種類があることです。見分けるポイントとしては、デジタルクラウンのトップが赤くなっているのが、cellular+GPSモデルです。それだけ気を付けてくださいね。

時計なんてと思わず、使ってみてください

一度使うと手放せなくなるApple Watch。昨年発売されたApple Watch series2では水泳や海のスポーツにも対応する防水機能を搭載しました。さらにApple Payも搭載したことで、改札を通るときや買い物をするときなど、定期やiPhoneを取り出す必要がありません。Apple Watchをカードリーダ部分にかざせば処理完了です。

これは使うと、本当に財布を出す煩わしさから解放されるため癖になってしまうかもしれません。

そこに、通信機能を搭載したApple Watch series3で、ついにiPhoneですら持ち歩かなくなってしまう時がやってきたのです。それでもいざという時は連絡が取れるので、iPhoneを忘れてしまっても慌てる必要もなくなります。

便利なApple Watchを使ってみてはいかがでしょうか。