ついに発売されたiPhone8/8 Plus!まだ予約しなくても入手できるかも!?

ついに発売されたiPhone8/8 Plus!まだ予約しなくても入手できるかも!?

9月22日に発売となったiPhone8/8 Plusですが、家電量販店などでは当日から店頭用の販売在庫があり、カラーやストレージ容量を気にしない場合は、予約をしなくても入手することが可能になっていました。

今でも、家電量販店がホームページに載せているiPhone8/8 Plusの在庫表では、携帯電話会社にもよりますが予約なしでも持ち帰れる状態が続いているようです。

もしかすると、今最新のiPhoneを待ち時間なしで、手に入れる絶好のチャンスかもしれません。

そんなiPhone8/8 Plusの、性能やお得に購入できる方法があるか、チェックしてみましょう。

iPhone8/8 Plusの性能

一見、iPhone7/7 Plusとよく似ているデザインのため、大きな違いがないように見えてしまうiPhone8/8 Plusですが、細かく様々な点が変更されています。

一つは、本体の素材です。

今まで採用されてきたアルミニウムをやめ、強化ガラスを採用したのです。

本体の素材をガラスにした理由は、Qi規格のワイヤレス充電機能の搭載を実現させるためでした。

アルミニウムの場合、電波干渉を起こしてしまいワイヤレス充電の性能を充分に引き出せないからです。

この素材の変更は、携帯電話の電波干渉に対しても改善される結果となりました。

iPhone5からiPhone7/7 Plusまで、背面の上下に横方向の線が入っていました。これは、アルミニウムが起こす電波干渉を改善するためのラインなのです。

これはDラインと呼ばれ、iPhoneのデザインを損なわせるとあまり評判の良いものではありませんでした。

iPhone8/8 Plusは、素材がガラスに変更されたため、ステンレスフレーム部分のみらラインを入れるだけ十分な対策となることからDラインを消すことができたのです。

Dラインに頼ることなく電波改善ができたことの証明といえるでしょう。

改善されたのは電波環境だけではありません。

搭載されているCPUも、前モデルから比べると飛躍的な進化を遂げています。

ちなみに11月3日発売されるiPhone Xと、同じCPUを搭載しているので処理自体はかなり早くなっています。

Touch IDでの指紋登録の処理や、アプリケーションの更新処理など、様々な個所で「あれ、速くなった」と実感することでしょう。

操作性が変わらない安心感がいいかも

iPhone8/8 Plusは、今まで発売されてきたiPhoneシリーズの正当な後継機になるため、ホームボタンも搭載しているし、Touch IDも搭載しています。

それでも11月3日に発売されるiPhone Xが気になってしまい、iPhone8/8 Plusの購入をためらってしまう方も多いようです。

予約時もキャンセルの理由の多くが、iPhone Xを見てからにするといった回答が多かったと販売店店員に聞いたことがあります。

そんな、気になるiPhone X とiPhone8/8 Plusの違いは、Touch IDが廃止されFace IDに認証が変わったこと、有機ELディスプレイの採用、Face IDに対応できるフロントカメラの性能アップやフロントカメラでもポートレート撮影が可能になったこと、新しいコミュニケーションツールや明るくなったカメラなどです。

実は、それ以外の性能部分については、CPUは両機種と同じA11 bionicsを搭載、ワイヤレス充電機能と高速充電機能、本体の素材の変更点、内蔵ストレージは64GBと256GBの2種類構成になっている点など、変わりがないのです。

新しい機能であるFace IDなどは気になりますが、まだ予約も開始されていないiPhone Xは、月産台数も少なく、2017年内には入手することは不可能に近いとまでいわれてします。

また気になる値段も、Apple StoreではSIMフリー版256GBモデルで129,800円(税別)と非常に高額になっていることから、気軽に手が出せる代物ではなくなっています。

最新機能を満載したiPhone Xを待って購入するか、iPhone7/7 Plusまでで操作に慣れたiPhoneを選ぶか、まずは一度、携帯電話ショップに足を運んで実機を見てみましょう。自分にあったiPhoneを選択しましょう。

高額iPhone入手の不安を軽減させるキャリアのプラン

携帯電話会社も、今回発売となったiPhone8/8 Plusから新しい購入サービスを提供しています。

例えば本体代金の割賦回数を、24回から48回にすることで毎月の負担額を増やさずに最新機種を手にできるオプションなどです。

また、auやソフトバンクでは次期iPhoneへの買い替えをサポートするプランやオプションも用意してきました。

このようなサービスを利用すれば、あまり負担を増やさず、毎年最新版のiPhoneを手に入れることができるです。

でも48回だと、2年で機種変更しても、残り24回分の割賦があるため二重ローン状態になるのではと考えてしまいそうですが、auにもソフトバンクにも条件をクリアすれば残りの支払いが免除されるオプションが用意されています。

24回までの支払いが終わっていることと、機種変更後に今まで使っていた機種を回収するという条件をクリアできれば、機種変更後に以前使っていた機種については、残債が免除されるというのです。

さらに、auは13回分の支払いが終わっている時点で機種変更をすると、今まで使っていた機種の残金は免除になるといったオプションも用意されています。このオプションを使えば、1年ごとに新しいiPhoneに機種変更することが可能です。

常に新しいiPhoneを利用している人ならば、目からウロコのサービスといえるでしょう。

まとめ

こうして新しいiPhoneを購入するために、キャリアも柔軟なオプションを準備しています。あとは、あなたの行動と決断だけです。

24回払いにして最新のiPhone Xを11月3日買うか、今までと同じように使いたいし、毎月の負担も減らしたりから48回払いでiPhone8/8 Plusにしたり、自分にあった機種を無理せず入手することができるので、よく考えて選択しましょう。