お気に入りのイヤホンを使ってiPhoneで音楽を聞きたい!イヤホン端子がないのにどうすればいいの?

お気に入りのイヤホンを使ってiPhoneで音楽を聞きたい!イヤホン端子がないのにどうすればいいの?


iPhone7/7 Plus以降に発売されたiPhone SEを除くモデルは、イヤホン端子がありません。お気に入りのヘッドフォンは利用できるのか、初めてiPhoneを購入しようと思う方はシンパになってしまいますよね。

今回は、iPhoneのイヤホン事情についてお話します。

iPhoneに同梱された変換ケーブルを使う

イヤホン端子がなくなった最初のiPhone7/7 Plusにも、従来通り3.5mmのEar Podsが同梱されていました。「おいおい、イヤホン端子なくしたのにイヤホン端子に挿すタイプのイヤホンかよ」って突っ込みたくなりますが、実はライトニングコネクタと3.5mmのイヤホン端子に変換するケーブルが同梱されていました。

この変換アダプタを利用して、今まで使ってきたお気に入りのヘッドフォンやイヤホンを使うようになります。短いアダプタですが、無くしてしまうと900円(税抜)もするので、気をつけて取り扱いましょう。

なお変換アダプタですが、iOS10以上のバージョンでなければ利用できないので、以前から利用しているiPhoneやiPadのiOSバージョンを確認する必要があります。残念ですがiOS10にできないモデルは、利用することができません。

別売りでライトニングコネクタになっているEar Podsも販売されているので、iPhoneだけの利用だったらそちらを同梱してもいいのではと思ってしまいますが、やはり一般に発売されている3.5mmのイヤホンを利用できるようにしているのでしょう。

流行のBluetooth接続がいいかも

変換アダプタを使えば、今までのイヤホンやヘッフォンが利用できることはわかりました。でもちょっと見た目がって思った人もいると思います。その場合、Bluetooth接続できるイヤホンに新調されて見てはいかがでしょうか。

例えばApple純正のAir Podsなら、ペアリングもあっという間にできてしまいます。それに、右側と左側のピースに別々に機能を割り当てられるので、再生や停止を左に、右には次曲へ送るなどを割り当てておけば、iPhoneを取り出すことなく音楽の再生停止や曲送りができるようになります。

Air Podsは、耳から取り外したことを検知するセンサーが搭載されているので、取り外せば再生中の音楽は停止されます。

さらにマイクも搭載されているので、ハンズフリーで電話ができます。ハンズフリーは本当に便利なので、一度使ってしまうとiPhoneを持って電話をすることが嫌になってしまうかもしれませんね。

他のメーカーから発売されているBluetooth接続のイヤホンやヘッドフォンも利用できるので、BOSEやSONYなどのノイズキャンセリング機能がついたモデルなどで、周りの雑音を気にせず音楽に没頭する時間を作るのもいいですね。

ただし、ノイズキャンセリング機能がついたイヤホンの場合、本当に周りの音が聞こえなくなるぐらい静かになるモデルもありますので、特に外で利用する時は注意しましょう。

Air Podsも2017年7月頃は在庫がなく、Apple Storeでも出荷までに5~6週間かかるといった状況でした。今では在庫も潤沢になり、Apple Storeだけではなく家電量販店などApple製品を扱っている店舗であれば、在庫があるので持ち帰れるでしょう。

同じAppleからはBeatsシリーズも販売されているのでどちらか好みの方を選ばれてもいいし、BOSEやSONYからもAirPodsのような完全左右独立型イヤホンが登場しました。

Air PodsはBluetooth接続イヤホンの世界にも一石を投じたモデルとなったようです。

最新モデルのiPhone XもiPhone8/8 Plusも同じ

特に10周年を飾る記念モデルとなったiPhone Xは何か特別なものになっているのかと期待していたのですが、ここまでは手が回らなかったのでしょうか。iPhone8/8 Plusも今までと変わらない同梱物となっています。

ちょっと残念な感じですね。

まとめ:できればイヤホン端子の復活を願いたいですね

イヤホン端子がなくなってしまったことで、充電しながら音楽を聞くことができなくなってしまいました。

iPhone8/8 PlusやiPhone XならQi対応なのでワイヤレス充電をしながら、音楽を聞くこともできるでしょう。iPhone7/7 Plusに関しては、Belkinなど他のメーカーから発売されているクレイドルを使うか、Bluetooth接続できるイヤホンやヘッドフォンが必要なってきます。

Bluetooth接続できるイヤホンといっても、レシーバタイプのものでイヤホン端子がついている製品も販売されています。これさえあれば今までのように、充電しながら音楽を楽しむ事もできるし、ハンズフリーにも対応しています。本来ならiPhoneにイヤホン端子が戻ってくれると嬉しいのですが、おそらくそれは不可能ではないかと思われます。

iPhone7やiPhone Xなどイヤホン端子がないモデルに機種変更したら、この機会にBluetooth接続できるイヤホンに切り替えてみてはいかがでしょうか