iPhone8/8 Plusが熱い!PRODUCT REDモデルが登場!

iPhone8/8 Plusが熱い!PRODUCT REDモデルが登場!

昨年、iPhoneシリーズに突如登場したREDカラーモデル。すでに販売が終了しているモデルなだけに、中古ショップやオークションなど、どうにかして入手しようと思っていた方も多かったと思います。

欲しくても手に入らなかったモデルが、ついに再登場です。しかも最新のiPhoneで登場してきました。この赤いiPhoneには、重大な役割があったのです。

PRODUCT REDとは

世界には人間を苦しめる恐ろしい病気がたくさんあります。

世界三大疾病とされる「エイズ」・「結核」・「マラリア」のない世代を作るために、グローバルファンドが立ち上がりました。そしてこのプログラム参加している企業から発売されPRODUCT REDのロゴが入った製品は、売上金の一部が直接「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付される仕組みになっています。

ほんのわずかな寄付で何十万、何百万の病に苦しむ人を助けることができる基金に、自分が欲しい製品を買うだけで寄付することができるのです。

そしてAppleはこのプログラムに11年も参加し、総額1億6,000万ドルを超える寄付金に達しています。今年もそのPRODUCT REDのロゴマークが入ったモデルが4月13日に発売になりました。

もしこれからiPhoneを買い替えようと考えている方は、PRODUCT REDモデルを選んでください。その判断が多くの人の生命を守ることができます。

ベースモデルはiPhone8/8 Plus

PRODUCT REDに採用されたiPhoneのベースは、昨年9月22日に発売されてiPhone8/8 Plusです。

iPhone8/8 Plusは、CPUなど一部は上位機種に当たるiPhone Xと同じだったりします。さらに背面にはガラス素材を利用したデザインになっているため、艶やかなレッドに仕上がっています。

先行されて発売されているiPhone8/8 Plusは、カラーがスペースグレイ、シルバー、ゴールドと前モデルより少なくなっています。その仲間にレッドが加わった感じです。ちょっとくらい違いがあるのではないかと、期待してしまうかもしれません。

残念ですがiPhone8/8 PlusとPRODUCT REDのiPhone8/8 Plusは、スペックに差がありませんでした。カラー以外の違いがあると、購買意欲が増すかもしれませんね。

ケースをつけるのがちょっともったいないかも
一度店頭などで実物を見るとわかると思いますが、ちょっと暗めで派手さがないREDで、とても美しい仕上がりになっています。

このPRODUCT REDモデルにケースを付けて、隠してしまうのがもったいないぐらいです。だからケースを付けないという選択肢もありかもしれません。でも、やっぱり不意の事故で落としてしまうかもしれないので、透明タイプの素材を使ったケースを利用しましょう。

ただし手帳型ケースとか一部のデザインをしたケースでは、REDが目立たなくなってしまいますが背に腹は変えられません。バンパータイプもあるのでいろいろ考えてみてください。

他にも参加できるPRODUCT RED

iPhone8/8 PlusのPRODUCT RED以外にも、実はいろいろなラインナップが登場しています。例えばiPhone Xの赤いケースやiPadのスマートカバー、iPhone7やiPod touch、Beatsのヘッドフォンやミニスピーカーなども登場しています。

すべて赤で統一されたモデルに仕上がっていて、赤が大好きな人にとってはどうしても欲しくなるでしょう。そんな深い意味があるPRODUCT REDなら、どれを買っても世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付されます。好きなものを手に入れて、寄付までできるなんて自分もハッピーだけどみんなもハッピーになれる製品って、本当にすごいですよね。

ただ注意しなくてはいけないのが、単に赤を使ったケースがある点です。Apple純正のケースではありませんが、市販されている製品の中には赤を使ったケースなどがあります。

ちゃんと購入代金の一部が寄付されるケースや製品は、PRODUCT REDのロゴマークが入っていますので、購入する際はロゴマークの有無を確認してください。箱にも記載があるのでわかるかと思います。

ちなみに寄付されるモデルだからといって、Appleが価格に上乗せした金額で販売しているわけではありません。その点は安心して購入してください。

購入する場合は、家電量販店でもApple Storeでも販売されています。また発売期間も短いので、ちょっとでも興味が湧いたり欲しいと思ったり方は後悔しないように今のうちに入手してしまいましょう。

なぜなら2018年に発売される次期iPhoneの発表がされる時期に、販売が終了してしまうからです。そうなってしまうと、入手が困難になり中古を購入する方法しか残されていなくなってしまいます。

iPhone7/7 PlusモデルのPRODUCT REDの時がそうでした。後から購入しようとすると、とても苦労をします。今ならまだ在庫がなくて、モデルも限定されていない時季です。

今すぐ、Apple Storeへ駆け込みましょう。